Feed Rss



グリーンスムージーのレシピをチェック

美容や健康に意識の高い人々の間でグリーンスムージーは大きな話題になっています。
アンチエイジング効果や美肌効果、様々な健康効果などが期待できるヘルシーなドリンクとして最近特に人気が高くなっています。
新鮮な句だもや野菜などを水とともにブレンダーで混ぜ合わせて作ることができます。
簡単にできて栄養価がとても高く、たくさんの野菜や果物の栄養を摂りやすい形にできるのでとても消化が良いところも魅力です。
果物の皮や種の部分などもそのまま使うことで、フィトケミカルの摂取もできます。
野菜や果物の栄養を丸ごと撹拌して作られるので、食物繊維もたっぷりと含まれており、ドロリとした腹持ちの良いボリュームがあるためダイエットにも向いています。
生の野菜や果物をそのままサラダなどで食べようとすると、おびただしい量を食べなければ一日の野菜の必要量を満たすことはできません。
毎日1杯飲み続けるだけでも便秘を解消し美肌になる、健康な体になるなど、さまざまなうれしい効果が感じられるようになります。

グリーンスムージーのレシピ!

グリーンスムージーは基本的には濃い緑色の葉野菜と、様々な果物、そして水を加えてブレンダーで撹拌して作ります。
スタンダードなレシピは

  • ホウレンソウ 4/1パック
  • バナナ 1本
  • キウイ 1個
  • オレンジ 2個
  • 水 200CC

で作ります。
オレンジは皮をむいて種は取り除いて加えます。
最初のうちは果物が6割、葉野菜が4割程度の割合になるようにすると、色は濃い緑色でも飲んだ時には果物の味によって葉野菜のくせのある香りなどが気にならなくなります。

お子様向けには?

また、小さな子供でも飲みやすいレシピとしては、

  • 生または冷凍野イチゴ 200g
  • バナナ 2本
  • 青梗菜 4/1パック
  • 水200㏄

で作ります。
子供向けのやや甘いスムージーが出来上がりますが、子供は葉野菜が苦手なことが多いので、最初のうちはごく少量の野菜から始めるのがおすすめです。

またトロピカルフルーツを使ったグリーンスムージーもおすすめです。
レシピは

  • パイナップル 1/4個
  • グレープフルーツ 2個
  • バナナ 1本
  • モロヘイヤ 1/2パック
  • 水 200cc

で作ります。
パイナップルの芯は取り除かずにそのまま一緒にブレンダーに入れても大丈夫です。
グレープフルーツは袋から果肉をとりだし、種は取り除いてブレンダーに入れます。
グリーンスムージーは季節ごとの旬の野菜や果物を使って作るのがおすすめです。
美味しく飲みやすい味に作るためには、最初のうちはグリーンを無理にたくさん入れすぎないようにすることです。

関連ページ
ミキサーで作るグリーンスムージー