Feed Rss



グリーンスムージーの作り方

話題のグリーンスムージーは、美肌効果もあってダイエットにも良いと人気です。
グリーンスムージーの作り方は、フレッシュな野菜とジューシーなフルーツ、それに水をプラスして、ミキサーで混ぜれば出来上がりです。
ブレンダーで作ることもできます。
食事の置換えで摂取する場合は、1Lから2Lくらいの量が、1日の目安です。
単体で飲むことで、栄養成分を吸収しやすくなります。

グリーンスムージーの作り方

グリーンスムージーの作り方ですが、比率として美味しいと感じやすいのは、フルーツの割合が6割で、4割を野菜にするという配合です。
好みにもよりますが、美味しいと思えるのが1番続けやすいです。
味わいはフルーティーで、飲みやすくなりますから、あとは自分の好み次第でしょう。
グリーンの野菜で使うのは、小松菜やほうれん草、ケールや水菜、ゴーヤやパセリなどもよいでしょう。
フルーツは、りんごやバナナ、イチゴやキウイ、梨や桃にブルーベリー、柑橘類など、特に指定はありません。
組み合わせは、本当に自由です。

豆乳をプラスしたグリーンスムージーのレシピも

鉄分豊富な小松菜に、甘さのあるバナナと、豆乳を加えて仕上げます。
小松菜とバナナ、豆乳と氷も幾つか入れて攪拌したら出来上がりです。
バナナや小松菜は、ザックリとカットしておくと攪拌しやすいです。
豆乳が入るので、良質なたんぱく質成分も一緒に摂取できます。

レシピに細かいルールはありませんから、組み合わせは本当に無限大でもあります。
ほうれん草とバナナ、イチゴの組み合わせも美味しいですし、ケールとバナナとアボガドなどもおすすめです。
小松菜に洋梨とりんごというのも、割とさっぱりとしていて美味しくいただけます。
パセリを使って、オレンジとりんごをミックスするのも爽やかな美味しさです。

ほうれん草をメインにしたレシピも!

メインの野菜はほうれん草で、フルーツをいくつか入れてみましょう。
ほうれん草に水、フルーツには、オレンジやキウイ、バナナを入れて作ります。
皮をむいたオレンジは、種は取るようにします。
ミックスしやすいように、ある程度カットしておくと良いです。
キウイとバナナもカットしましょう。
メインの野菜である、ほうれん草も5cmくらいにカットしておきます。
水を加えて、カットした食材と一緒にジューサーでミックスしましょう。
少なめな水分量で作ると、トロッとした仕上がりになります。
サラッとしたのが好みなら、水を少し多めに入れるとよいでしょう。

関連ページ
ミキサーで作るグリーンスムージー